Skip to content

よほど理由がない限り貸したくないです

まず知人の場合ですが、貸した事があります金額は5万円です。

知人といっても色々な関係がありますよね。私の場合は以前にとてもお世話になっており普段割と交流のある人で、お金が必要な理由が納得いくものだったので貸しました。

でも本当は知人には貸したくはありません、今回はちゃんと返してもらいましたが自分もお金があるわけではないのでどんな事情にせよ帰ってこなかったら困りますしその人との関係がダメになってしまう気がするからです。

次は友人の場合ですが2万貸した事があります、とても親しくしていたのと事情が事情だったので貸しました、確か半分は現金で返してもらいましたが残りの1万円はどうなったか覚えてません。ダメですねきちんと覚えていないと返してとも言えなくなってしまいます。でも親しい関係だと余計返してといえなくなってしまうので困ります。

あと他にもう一人何回かに分けて15万程貸した事があります。これははっきりいって私がバカだったとしか言いようがないです。給料が出たら返すという事で貸していました、返してもらってはまた次の給料が近ずいたら貸しての繰り返しで結局貸した分はきっちり返してもらいましたが、信用出来る相手でもなく理由もあまり大した事ではなかった。そうゆう相手には絶対に貸してはいけないととても反省しています。

そして家族の場合ですが理由は大事ですが大体の事であれば貸します、もちろん自分の生活が破たんしない金額というのが前提です。

逆に、もし私がお金に困った場合どうするか・・・それは間違いなくキャッシングを利用すると思います。人に迷惑や心配を掛けたくないのと、何かしらのトラブルにお金が関わるとなりかねないと思うので人にお金を借りることはしません。

キャッシングもどうかと思う人もいると思いますが、一番気持ち的に楽なんですよね。計画的にお金を借りるならば便利なところだと思います。もしもキャッシングをするならどこがいいのか取りあえずは調べますね。

こういったサイトを参考に・・・・参照:http://xn--n8jaw1a3i7rva9c6fzo7f.net/

基本急な出費に対応できるように少しは貯金をしているのですが、それでも足りない時はキャッシングって感じですね。今まで一度も親にお金を貸してほしいと言ったことがないので怖くて言えません”(-“”-)”

昨日は友人宅で女子会でした。友人の作ったおでんがとても美味しくてその中でもこの豆腐が絶品!!味のしみこみ具合がなんとも!!

おでん 豆腐

おしゃべりし過ぎて今日仕事なのに夜中の2時くらいまでしゃべってました(笑)

生活費をキャッシング。

私が初めてお金を借りたのは生活費に困った時です。カードで買い物をし過ぎてしまい、支払いをしてしまうと生活費がなくなってしまい、キャッシングを利用しました。

ちなみにコチラです→生活費キャッシング※生活費が足りない時にお金を借りれるローン会社

第一に大切なことは、消費者金融に関連した情報の比較を行い、完全に返済するまでの見通しをしっかりと立てた後に、楽に返せる範囲の額においての堅実なキャッシングをすることだと思います。
近頃では審査に必要な時間も短くて速くなったため、名前が知れている銀行の系統の消費者金融でも、即日融資への対応がOKになっていますし、余り大きくない金融業者の場合でもそれほど変わりません。
実体験として借り入れをしてみたら驚くべきことがあった、というような注目の口コミもたまに見られます。消費者金融会社に関しての口コミを扱っているウェブサイトがとてもたくさんありますので、チェックしておいた方がいいと思われます。
消費者金融において実施する審査とは、利用する側にちゃんと収入があるのかを知るというよりも、申込を行った本人に借入金を返していくだけの力が確実にあるのかということを審査するというのが一番の目的です。
今日この頃の消費者金融会社は、即日融資に応じてくれるところが多くあるので、あっさりと現金を調達することができるというメリットがあります。インターネットから申し込みをすれば24時間いつでもどこでも受け付けてもらえます。

 

 

繰り返し無利息の条件で貸付をしてくれる、有難い消費者金融も現実に存在していますが、そこで気を抜いてはいけません。金利が実質無料になる無利息という誘いに自分を見失って、借りまくっていては、元も子もない状態になってしまいます。
消費者金融に借り入れを申し込む際に最も気になるのは金利関係の内容ですが、数ある口コミサイロを眺めると、各金融会社の金利や最適な返済方法などを、丁寧に解説しているところが多数みられます。
消費者金融系列の業者を中心に、キャッシングのことを比較して公開している実用的なサイトです。併せて、キャッシングのあれこれに因んだ多彩な情報コンテンツも数多く公開しています。
任意整理などによりブラックになった方でも借り入れできる小規模の消費者金融の一覧表があったとしたら、お金を貸し出してもらう際に有効活用できますね。何が何でもお金が必要な時、貸付OKの消費者金融が即座に見つけられます。
CMで有名な、誰もが知る消費者金融系の会社各社は、大部分が審査が最短即日で、最短で申し込んだ日に借り入れができる即日融資にも対応可能です。審査の所要時間も短い業者の場合、最も短くて30分くらいです。

 

総量規制の適用範囲をきっちりとわかっておかないと、頑張って消費者金融キャッシング会社を一覧にまとめたものを検索してきて、次から次へと審査を申し込んでみても、審査を無事通過することができないというケースも実際にあるのです。
改正貸金業法の完全施行に従い、消費者金融系ローン会社と銀行系ローン会社はさほど変わらない金利帯による金銭の貸し出しを行っていますが、金利のみをマークして比較してしまえば、断然銀行傘下の金融会社のカードローンの方がお得な設定になっています。
各社それぞれの金利に関する情報が、頭に入りやすいように分類されている消費者金融業者の比較サイトも存在します。金利の情報は非常に大事なことなので、きちんと比較しなければなりません。
当日の借り入れが可能な即日融資を望む方は、その日のうちの融資が可能な時間も、申込をする消費者金融によって違うものなので、ちゃんと頭に叩き込んでおいた方がいいです。
所得証明が要るかどうかでキャッシング業者を決めるのであれば、来店なしで即日融資に対応することも可能なので、消費者金融に限定するのではなく、銀行グループのローン会社のキャッシングも想定しておくというのもいいでしょう。

 

便利なキャッシング

ここ数年はキャッシングという言葉とローンという言語のニュアンスや定義が、かなり紛らわしいものがあって、結局どっちとも大きな差はない用語であると考えて、大部分の方が利用するようになっています。
新規に申込まれたキャッシングの場合、会社やお店などに電話連絡があるのは、回避するわけには行きません。なぜならあれは審査の一つの在籍確認といって、申込書の内容どおりの勤務先に、偽りなく勤続しているのかどうかチェックしなければならないので、申込んだ方の勤め先に電話をかけているのです。
非常に古いときなら、キャッシングの審査基準が、現在とは比べ物にならないくらい生易しかった時代が確かにあったようです。でももう今では昔よりもかなり高くなって、事前に行われる審査の際には、会社ごとの信用に関する調査が厳しい目で行われるようになっているのが現状です。
理由ははっきりしませんがお金が足りなくなるのは、女性のほうが男性に比べてたくさんいると言われています。近いうちに申込も利用も簡単な女性だけの、新しいタイプの即日キャッシングサービスがさらに増えてくれるとうれしい人も増えるでしょう。
一般的にキャッシングは、他のものよりも審査が迅速で、振り込みの処理が不能になってしまう時間より前に、所定の契約に必要な申し込み事務作業が何も残っていなければ、とても便利な即日キャッシングで振り込んでもらうことができるので人気です。

よく見かけるテレビ広告でおなじみだと思いますが、新生銀行が提供するレイクは、インターネットに接続したパソコンのみならず、スマホからのキャッシング申込でも店舗に来ていただかずに、なんと当日のうちに口座にお金が入る即日キャッシングも適応可能となっています。
取り扱っているカードローンの会社が決めたやり方で、少しは違いがあるわけですが、カードローンを取り扱う会社というのは審査基準どおりに、審査を行った結果その人に、即日融資で処理することが問題ないかどうか確認しているわけです。
銀行関連の会社が提供しているカードローンを利用した場合、貸してもらえる上限額が高めに設定されています。

また、その上、利息に関しては他よりも低く設定されていますが、審査の判断が、消費者金融系によるキャッシングと比較して難しいようです。

キャッシング利用が時間がかからず出来る使い勝手の良い融資サービスというのは、けっこうありまして、消費者金融系の会社によるキャッシングは当然ですが、意外なようですが銀行のカードローンも、すぐに借り入れが現実のものとなるのですから、立派な即日キャッシングです。
不確かではない、あやふやになりがちなキャッシング、ローンについての情報を得ることによって、言いようのない不安とか、不注意が関係して起きる問題に巻き込まれないようにしましょう。何も知らないということで、大損しても仕方ないのです。

消費者金融のキャッシングと銀行系のローンの違いは、時間や労力をつぎ込んでまで調査しておく必要は全くありませんが、実際の融資のときになったら、貸してもらったお金をどのように返すのかについては、間違いないか精査した上で、お金を借りることを忘れないでください。
最近人気のカードローンを申し込む際の審査では、借入希望金額が10万円というケースでも、事前審査を受けていただいた方の審査結果が優れたものであれば、手続しなくても100万円、150万円といった非常に余裕のある上限額が定められるなんて場合もどうやら本当にあるようです。
他の業態と比較して消費者金融の場合は、即日融資の振り込みまでの流れは、その速さに驚くべきものがあります。たいていは、まず午前中に申し込みができて、必要な審査がスムーズに終わったら、夕方までには指定した額通りのお金を振り込んでもらうことが可能。
通常は、定職についている社会人であれば、融資のための審査で落ちるようなことはほぼ100%ありえません。社員じゃない、アルバイトとか短時間パートの場合でも待たされることなく即日融資を認めてくれるケースが大半を占めます。

また、学生の方でも利用する事が可能となっていますよ。

参考サイト・・・学生でも借りれるローン※カードローンを賢く利用する為に!
新生銀行グループのノーローンのように「回数限定なしで、キャッシングしてから1週間は無利息」という利用条件を受けることができるキャッシング会社を見かけることもあります。他と比較してもお得です。良ければ、無利息でのキャッシングを利用して借りてもらえるといいのではないでしょうか。

65歳からのアルバイトの体験談

定年になって、そのまま元の会社でパートタイムでアルバイトをしていました。

昔から私はクレジットカードで支払い等をしていたのでカードの支払いが毎月結構な額がきていました。その支払いをするためにも収入が必要なので必死に働いていました。

何度かカードの支払いができなくてカード破産(をしてしまいかけたことがありました。その時は、破産しないための方法を使ってなんとか回避することができました。

参考→クレジットカード破産しない為には?破産しそうなときの対処法
それも62歳で辞めました。
後から定年になる人に道を譲ったのです。

その後ハローワークに行きました。
パソコンでこれはという仕事に応募しました。
そこでハローワークの人が調べてくれましたが、歳ではねられてしまいました。
やはり60歳を過ぎると仕事はないですね。
ハローワークの人が、シルバー人材センターに登録しなさいと。
緑区のシルバーを紹介してくれました。
そこでシルバーに行って、登録しました。
2年くらいはほとんど仕事はありませんでした。

その後、あるスーパーから品出しのアルバイトがありました。
それで行ってみました。
最初の日にあいさつの仕方とユニホーム等の貸与でした。
次の日に10時にお弁当を持って生きました。
最初の日は1日ついて暮れました。
雑貨の品田氏です。
品物を鉄製の特殊なカートに入っているものを運んで、その品物があるところまで、もって行って、
並べるのです。後のものは後ろに並べるようにと。
2日目はひとり立ちです。
どこの何がおいてあるのかが、浴分かりません。
あっちこっちに探しましたが、よく分かりません。
ただくるくる回っているだけです。
少しは並べられましたが、とても勤まらないと、半日でやめてしまいました。
マニュアルも品物の位置の配置図もないのでは仕事になりません。
お姉さんに聞いたら、配置を覚えるのに、半年かかったそうです。
年寄りには1週間くらい、ついてくれないと、無理ですね。

その後にあるショッピングモールがオープンになると。
そこでカート回収業務の募集です。
これに応募しました。応募者は24人でした。
なんでも50人くらい欲しいとの琴でした。
行ってみると、面接もありません。全員採用です。
仕事は駐車場に散らばっているカートやカート置き場に置かれているカートを一緒にして、
所定の所に運ぶ仕事でした。

最初は5人組で1班になって、それぞれ北の駐車場、西の駐車場、平面の駐車場とに分かれての仕事です。
カートはまあまあの数でしたが、勤務人数が多かったために、それほど苦になりませんでした。
どちらかといえば、暇で、駐車場の車の後ろを見てまわりました。
1勤務で3時間半で3万歩近く歩きました。
休憩は阿吽の呼吸で休憩室に皆集まってきました。
そこで20分~30分の休憩です。皆で雑談して過ごしました。

困ったことはお店の場所を尋ねられることでした。
お店は370店舗くらいあるので、大きい所とか有名な所しか分かりません。
後はお客さんが駐車場の位置が分からなくなってしまったときです。
これは警備にインターホンで連絡して探してもらいました。
なにせ4千台くらいの駐車場です。
お客さんも漠然としていると、分からなくなってしまうのですね。

カートを運ぶ仕事はまあまあの仕事量でした。
年寄りでも十分勤まります。
歩いてお小遣いがもらえるので、健康にはいい仕事でした。

 

自分は利用しないと思っていた消費者金融。

一時期、勤めている会社の経営状態が悪化し、給料の未納が発生しました。もちろん毎月の支払い(食費に始まり家賃や電話代など)は待ってはもらえません。わたしはほとほと困り果ててしまいました。とりあえずの急場は親に借金をするという形で何とかしましたが、それもついに無理になり、所有している銀行のカードローンに申し込みをしました。しかし、審査が通らなかったため結局お金を借りるにはいたりませんでした。

それからは、身の回りのものを売ったりしながら、何とか生活をしていました。その後、会社のほうも若干軌道に乗り始め、何と毎月に必要な分は払えるようになりました。この経験があるまでは、消費者金融なんて自分には無縁で、どういった人たちが利用するのかと考えたこともありました。しかし、突発的にお金が必要になったとき、とりあえずだめもとで借りてみようと、ついつい融資を申し込んでしまいました。人間、追い詰められたときの心理は普段からは想像もできない状態になるということを、そのとき身をもって感じたのです。

昔は、店舗まで行って申し込みや審査をしたり、無人機に入ったりと、どうしても人目が気になる感じでしたよね。普通にみちばたに無人機とかあって、入って行っている人も何回もみたことがあります。その度に、なぜその人が消費者金融を利用しているのかまでは分からないので、「お金ないんだろうな」とか、「借金地獄なんだろうか」とか悪いイメージしかありませんでした。

しかし、実際に利用してみて、お金を貸してもらえるっていうのは有難いことだと実感しましたし、今はスマホ完結っていうのがあって、人に見られずに融資を受けることもできるのでそのあたりは安心でしたね。

それからわたしは、少しずつではありますか、節約をし、万一のときに備えて貯金をするようになりました。もし、あの時お金を借りていたら、わたしのことだから、今頃返済に追われ、泥沼のような状態になっていた可能性もあったでしょう。今考えると、空恐ろしく感じます。ただ、金利が適切であればそれによって助かる人もいるでしょうから難しいところではあります。

 

ANAの株を買いました。

最近株式投資を始めました。始めたとはいってもまだまだお金がないので、25万円ほど出してANAの株を買っただけですけど。

なんでANAの株を買ったのかというと、株主優待に魅力を感じたからです。どういう株主優待かというと、ANAの飛行機に半額で乗れるという優待券なのです。半額って大きいですよね。

飛行機は帰省の時などに使うので年に2回ぐらいは使います。その時に飛行機代がきついなーっていうのを毎回思っていたので、1回が半額で乗れるのならばすごくラッキーだなって感じです。

1度は乗ってみたかったプレミアムクラスという前の方にあるシートにも座ってみたいです。半額で座れるのならばいいですよね。

お弁当とか出てるみたいだったので、食べてみたいです。美味しいんだろうなー。